KoTaRo家の屋根の下

KoTaRo家の屋根の下

DTMと世間の話題に興味を示していく独り言ブログ

あなたがバンドをするなら必要な心掛け『僕の失敗』から教えます。

ãã³ããã¥ã¼ã¸ã·ã£ã³ã®ã¤ã©ã¹ã

どうも、KoTaRoです!

 

 春の季節、これから新しい環境で新しい仲間とバンドを組もうとする人は増えていくことでしょう!

しかしバンドというのは難しい。

「音楽を好きならなんとかなる!」なんて事はないんです。

なので僕が経験したバンド活動から失敗談、反省点を皆さんに紹介して今後のバンド活動に活かしていただければなぁ、と思います。

 

・バンドは生き物!あなたが人間なら相手も人間です!

 バンドというのは当然複数の人が集まらないと出来ませんし『バンド』と言えませんよね?

あなたは好きな音楽があるように相手にも好きな音楽があります。共通項はあるかもしれませんが違う部分は見え辛くて、でも確かにある相手との隔りです。

 

『失敗談』

 僕が経験したバンドは僕が編曲と半分ほど作詞作曲を担当しました。この時僕は愚かにも思ってしまったのです。

「このバンドの音楽の大部分は俺が作ってるんだしバンドのパフォーマンスは俺が指図する」

悲しい誤解ですね、僕はこの時メンバーを自分の音楽を表現するための『道具』として扱ってしまったのです(勿論『道具』だなんて思った事はないですが『都合が良い』とは思ってしまった)。

こんなのは思い上がりも甚だしいです、なぜならバンドは音楽だけで成り立っているわけではないからです。

 

 例えばあなたが好きなバンドのメンバーを思い浮かべてください、そのメンバーはきっと『カッコよかったり』『可愛かったり』あるいは『面白かったり』『仲が良かった』りするでしょう。

ならもしそのメンバーがみんな言葉は悪いですが『ブス』『ハゲ』『デブ』で『仲が悪い』だったらどうでしょう?極端な例ではありますがそのメンバーなら同じ音楽を発信していても好きにならない人が多いでしょう。

バンドというのは家で1人でやっている音楽と違い『他人同士の集団』であり、その先に様々な事を共に経験する『仲間』であります。

大切なのは相手を尊重することです。どれだけ仲良くなっても『他人』であることを忘れないでください。

 

・言いたいことも言えないバンドは絶対長続きしない!絶対!!

前の見出しの続きですが、絶対に『言いたいことは言う!』

バンドは『他人同士の集団』だから尊重しようと言った後ではありますが、自分の意見は臆せず言い放ちましょう!これは音楽の話題だけでなく活動全体、またはバンド以外の時間についてもです。

『失敗談』

僕の経験したバンドは男女混合バンドでした。もうこの時点でなんとなく一筋縄ではいかなさそうなのは僕の経験からくるトラウマでしょうか・・・。

メンバーの一人が少々(今更言うのは酷いでしょうが)我儘な女の子でした。

お互い音楽の出身が違うので考え方が違いましたし、まだ女の子が若いのもあってか、自分勝手な行動がしばしばあったのです(ファンへの対応やバンド関係以外のツイートなんかですね)。

そこでぶつかれば何か先があったのでしょうが僕達男メンバーは年上ということもあり折れていました。男メンバー側は「大人として折れてやるか・・・。」なんて思っていましたし、普通の『社交』ならば事を荒立てない為には正解なのでしょうが『バンド』では違います。

 

 文字にするのは少し難しいのですがお互いの『感性』という漠然とした形の見えないものをぶつけ合い、すり合わせていかなければいけない『バンド』ではこの意見の食い違いをどう処理していくかが大切です。『バンド』に答えはない、あなた達の答えを見つける必要があるのです。

漠然としたものを大切にしている我々『音楽人』は一般人より『我が強い』です。

『我が強い音楽人』同士が『大人な対応』でうまく回るわけありません。勿論慣れていったり、お互い動き方がわかっていけば話は別ですが最初はみんな『無知な子供』、学んでいく時間が必要です。

 

あなたがぶつからなかった分、相手は理解できない存在として確立していき、もう埋められない溝が出来ていくのです。

絶対にぶつかってください、そして答えを見つけてください。それで話を聞かない人は元々集団で音楽が出来ない人です、他を探してください。

ただし、ぶつける意見は理由をちゃんと言える意見に限ります。

自分勝手な意見は意見と言いません。

 

バンドは1人のものではない、なら『時間』もみんなで『消費』している

1人で出来ないものである以上、複数人が時間を調整して『バンド』をしているわけです。

ならバンド以外のプライベートの時間も考えて練習などに使わなければいざ集まった時の『バンド』の時間も無駄になります。

 

『失敗談』

単純な話でした。

僕達が練習している間、ボーカルが旅行、SNOWでの加工写真連投、メンバーに連絡も無しに別グループ結成などをしていました。

それを見たファンはどう思うのでしょう、どれも程々ならいいでしょうが毎日ぐらいのものでしたし、別グループ結成の連絡なしはマナー違反です。

 

「バンドは真面目にやるから遊びとか彼女(彼氏)とデートとか好きにさせてよ(笑」

申し訳ないですが『バンド』は片手間には出来ないものなのです。

適当に練習して適当にライブ出て「なにあのバンドw下手すぎw」と恥をかくのは勝手ですが、それが自分勝手なメンバーのせいなら他のメンバーは可哀想です。

目標や目下のライブなどがあるのならそれを優先してください、他のメンバーの『時間』の為にも、他のバンドを見にライブを訪れたお客さんの『時間』の為にも。

 

「でも、プロ目指してるわけじゃないし『なに1人だけ熱くなってんだよw』って思われるかも・・・。」

 

全然構いません

(noteにも掲載中)攻撃的ではあるが言わせてもらうと趣味バンドでも『ちょっとは頭使え』よ。・・・独り言 - KoTaRo家の屋根の下

でも話しましたがバンドは人の『時間』と『お金』を頂いている『ビジネス』です。

その『ビジネス』に熱くなることに『趣味』も『プロ志向』も関係ありません。

そこに真面目に慣れない奴が『音楽』という現場では一番の『悪』です。

熱くなることを恥だと思わないでください、真面目なあなたが正しいのです。

 

 

最後に

僕はこんな失敗を繰り返し、結果として解散しました。

最悪の結果として2つのライブも飛ばしてしまったのです、今考えても最低の対応でした。

こんな失敗があるからこそ、これからバンドを始める方々には間違えないで欲しいのです。

そして楽しい音楽を経験してください、『音』に『楽しい』で『音楽』ですしね!(使い古されたフレーズですね・・・。)

それでは楽しいバンドライフを!!

 

KoTaRoでした!!