KoTaRo家の屋根の下

KoTaRo家の屋根の下

DTMと世間の話題に興味を示していく独り言ブログ

noteにて『僕が噛み砕いた音楽理論』販売開始しました!!

どうも、KoTaRoです!

 

今回noteにて

『僕の噛み砕いた音楽理論

note.mu

ãããªã¼ç´ æ çºå£²ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

音楽理論の本が好きで何冊も読んでいた僕が、僕なりに噛み砕いた『分かり易い理論』をテーマに製作しました!

「これから音楽を始めたい!!」

って方や

「楽器はやってるけど理論が分からずオリジナルが作れない!」

って方達、他にも

「なんとなくでやってきたことを基本から勉強してみようかなぁ?」

なんて方達まで色んな人達に使っていただければなぁ、と思いながら書いたこの『僕が噛み砕いた音楽理論、ぜひご覧になってみてください!

 

 

音楽理論は困った時に役に立つ!!

 音楽理論を使わずにオリジナル曲を演奏するバンドに入っている方はたくさんいるでしょう。

もちろん

「ペンタトニックスケールさえ知ってればなんとかなる!」

とか

「慣れてるから耳で音が外れてるかはわかる!!」

とよく聞きます。

 

しかし音楽理論を知らないと

「今の音なんで外れたんだろう?」

「もっとフレーズにバリエーションが欲しいけど、どの音が使えるのか分からない・・・。」

「あのギタリストのあのなんとも言えない不思議なフレージングはどんな発想からきてるんだ!?」

なんて疑問が生まれてきます。こんな時なんとなくでそのまま弾けていくのは『一部の天才』のみ!

音楽理論を知っていると「・・・このKeyでこのコードってことは、部分転調してるから一時的にこのスケールが使えるんだ!」となります。

延々と引いていくうちにスケールの音は見つかるでしょうが早く理解できる方法があるのに分からないまま弾き続けるのはちょっと効率が悪いですよね?(延々と引いていくうちに生まれるフレーズもあるので反復練習を否定はしません!その練習が大切な時もあります!)

何か自分の音楽に詰まった時に頼るものが有るのと無いのでは全然違います。

『困った時の音楽理論!』あなたの楽器ライフがより良いものになります!

 

 

音楽理論が無いことには作れない音楽がたくさんあります

 

 僕は頭で理解しておかないと「なんとなく音合ってるからいいか。」が耐えられ無い性格です。

音楽をする上ではこの性格で良かったと思っています。なぜなら『なんとなく』ではまず作れない音楽がたくさんあるからです。

 

もしオーケストラの四菅編成で総勢100名を超える楽器群の音を全部聴き分けて採譜できる人がいるなら、その人は直感的に、あるいは聴き慣れたハーモニーを感性(センス)で選んで作編曲できるでしょう。

しかしまず普通の人はそんなこと無理です。そんな時音楽理論というものが役に立つのです。

クラシック以外にも、ジャズもテンションノートの使い分けや不協音すら使うフレージングがありますので普通に考えてもどの音が使えるのか見当もつかないことになるのです。

クラシックやジャズだけでは無いですが、こうやって本来、勉強しないとコピーの曲すら自分の血肉に変えることができないような音楽がこの世には溢れているのです。

「ジャズなんてやらない!」

「クラシックなんて一生縁が無いよ!」

という人もいるでしょうし、それを僕はもちろん否定しません。

だけどちゃんと勉強すれば、聴いたことのある音楽が自分の手で作れるとしたら興味がそそられませんか?僕が音楽と一生付き合っていこうと思ったのはそういう部分です。

 

 

最後に

『僕が噛み砕いた音楽理論』は当面は音楽理論入門用の内容で執筆していくつもりなので編曲法とかは勉強出来ません。

が、もし自分が作れないと思っていた雰囲気や展開の曲を作りたい、発想の元となる知識が欲しい!と思うなら『僕が噛み砕いた音楽理論』を使って協力させていただきたいと思いますので宜しくお願いします!

 

それでは、

KoTaRoでした!!