KoTaRo家の屋根の下

KoTaRo家の屋根の下

DTMと世間の話題に興味を示していく独り言ブログ

久々の更新、『ジュラシック・ワールド:炎の王国』見てきた!【短いレビュー】

どうもKoTaRoです!

 

この始まり方も忘れるほど久々の更新‥‥。転職の結果、忙しさと疲れに飲まれて全然更新できませんでした。

ようやく落ち着いてきたので休日に見に行った映画『ジュラシック・ワールド:炎の王国』のお話していきます^^

 

ãã¸ã¥ã©ã·ãã¯ã¯ã¼ã«ãçã®çå½ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

最新作ですね!!

まぁ正直な話あんまり期待はしてませんでした。

だって『ワールド』1作目は『パーク』と同じことをなぞってるだけの作品でしたから‥‥、今の技術で恐竜を描きたかったのかなぁと思っただけで

「自己満足じゃん、これ!」

ってなりました。1作目はね?

 

でも今回なんとなく見に行って上映してる洋画がこれくらいだったから「まぁ見てみるかなぁ‥。」って感じで見に行きました。

結論から言いますと、

「まぁまぁ楽しめたよ!!」

って感じです。

厳密にいうと『パーク』の頃と違い、次の作品を作る前提の風呂敷の広げ方してました(興行収入よかったんやろなぁ‥。)。

 

まぁ今回はネタバレがない程度に面白かったところなどいろいろ紹介していきます。

頭の中でまとめずに綴っていきますのでめちゃくちゃな紹介の仕方でもキニシナイキニシナイ。

 

1.始め方は『ジュラシック』らしいなぁ

そんな感じです。

監督はスピルバーグじゃないんですけどね。

『ワールド』1作目は「コリン・トレヴォロウ」(誕生日同じでなんか親近感)

2作目は「フアン・アントニオ・バヨナ」、コリンも製作指揮してますね。

でも始め方は見出しの通り『ジュラシック』っぽい^^

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の画像検索結果

1作目で出た知性を持つラプトル「ブルー」。

恐竜たちの住む島が噴火により沈むのでその「ブルー」を始め助けれる恐竜を助けたいと言う資産家(の助手?)から依頼を受けてヒロインのクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が主人公のオーウェンクリス・プラット)を巻き込んでまた恐竜の住まう島に向かう。

と言うストーリーの始まり。

「『ジュラシック』やんけ!!」

って感じですね^^

いやまぁ『ジュラシック』ではありますし、こんなきっかけ以外でストーリーを展開できる始め方はあんま思いつかないですけど‥。

 

2.メインに新キャラ!

黒人のギークボーイと眼鏡っ娘アジアガールが参入^^

二人ともクレアとともに恐竜の保護団体の一員として恐竜救出についていくことに。

 

コンピューター関連で仲間を助けるギークボーイ「フランクリン(ジャスティン・スミス)」

 

恐竜の獣医として協力する眼鏡っ娘アジアガール「ジア(ダニエラ・ビネダ)」

 

この二人が今作ではメインキャラとして主人公達と共に活躍していきます。

 

あっ、ちなみに1作目に出たクレアの甥っ子達は一切出ません。名前も出ません、まぁストーリー的に参加する理由がありませんからね。しょうがない(苦笑

 

3.なんか濃厚なようで頭とケツ以外はあんま記憶のない内容‥。

ネタバレになるからあんま言いませんけど頭の盛り上がりとクライマックスの盛り上がり以外覚えてない‥。

一応2時間10分の尺だからそこそこあるんだけど‥、なんで覚えてないんだってくらいあんまストーリーが進んだ感がない^^;

まぁ3作目に繋げるための間の作品だからあんまりガッツリ大味な内容じゃなくても構わないけど、もしDVDで見るなら3作目が公開してからまとめてでもいいと思うよ^^;

ちなみに3作目は1作目の監督コリンがまたメガホンをとって2021年公開予定みたいですね^^‥‥はい、見に行きますよ?一応ね^^

 

 

最後に

こんな感じの印象ですね^^

ネタバレ無しなのであんまり内容には触れませんでしたし、短いレビューでしたがそこそこ楽しめたとしか言えないですね^^;

元々『ジュラシック』はもう飽きてますんで‥(流行りの時、派生作品がたくさん出てもうお腹いっぱい)。

 

『ジュラシック』シリーズが好きなら楽しめますよ!それは言えます!

全然レビューになってなくてヤバイ^^;

とりあえずリハビリということで‥、お願いします!

 

KoTaRoでした!!